セフレのイメージ、世間体

セフレを作る事自体は悪い事ではありませんが、セフレを作る場合、それは公言するべきではありません。
特に女性の場合はそうです。
セフレを作る女性は淫乱で、セックスに対して奔放という訳ではありません。

ですがセフレがいる事を公言してしまうと、そういうイメージを持たれてしまいます。
そしてそういうイメージを持たれてしまうと、身体目当ての男性しか近づいてこなくなります。

もし以前はセフレを作っていたけれど、そろそろ真剣に結婚を考えているから、恋人が欲しい。
そんなふうに心の中で変化が生まれたとしましょう。
ですがセフレを作る女性というレッテルが一度ついてしまうとはがれる事はありません。

そしてセフレ女性は遊び相手としては、男性にとって理想の女性です。
ですが恋人や妻に選ぶのは、セフレを作らないタイプの女性です。
そもそもセックスなんて非常にプライベートな事なので、わざわざセフレがいる事を公言するメリットなんて何もありません。

セフレと自分だけの2人の秘密として、セックスを楽しむ事が出来れば、それで十分満足ですよね。
セフレを作る人が増加傾向にあるとはいえ、セフレのイメージ自体は上がっているとは思えません。

なのでセフレはこっそりと作って、セフレがいる事は周囲には秘密にしておきましょう。

セフレサイトの掲示板を活用しよう

効率よくセフレを作るためには、掲示板も活用するべきです。
メールであれば1通で1人の相手にしかアプローチする事が出来ません。
ですが掲示板であれば、多くの人が見ているため、1回のカキコミで多くの人にアプローチするのと同じ効果を得られます。

そのため掲示板のカキコミでは読む人に好印象を持たれる事を意識して、カキコミする人も多いのではないでしょうか?

もちろん好印象を持たれた方が都合がいいのですがだからといって、そこで都合が悪い事を隠してしまうと、後からカミングアウトして、音信不通になるよりも、そこで受け入れてくれる人かどうか選別してしまう方がのちのちのためだと言えます。

だから都合が悪い事も掲示板でカミングアウトしてしまいましょう。
その典型的な例が、童貞のケースです。

セフレを作りたい女性の多くが、セフレと気持ちがいいセックスを望んでいるので、セックステクニックを持った人がいいと思っています。
また童貞=モテない男性というネガティブなイメージもあります。

なので童貞であるとカミングアウトすれば、それを理由にメールを送らない女性は少なくありません。
ですが、全ての女性が童貞NGという訳ではありません。

不特定多数の人とセックスをしていたら、性病の感染のリスクが怖いという人にとって、童貞は性病に100%感染していない人という安全性が抜群です。
セックス経験が豊富な年上女性から見れば、童貞の年下男性は可愛くて、自分が人肌脱いであげようと思う女性も中にはいます。

なので童貞がOKな女性からメールが届くので、最初にカミングアウトした方が成功率は高くなると言えます。

やっぱりセフレは理想の形

男性にとってセフレとは、理想の女性だと言えます。
面倒な事はせず、セックスをしたい時だけ連絡し、待ち合わせをした後にそのままホテルに直行。
セックスをした後は、その場で別れる、こんな行為をしたとしてもセフレとしてはごく普通の行為です。

これが彼女であれば身体目当てで付き合ってるの?最低と怒られる行為です。
恋愛だって面倒な事だけでなく、楽しい事だってあるはずです。
ですがそれは時間的、経済的、精神的な余裕があって初めて出来る事なのではないでしょうか?

仕事が忙しくて彼女を作る余裕がない人も少なくありません。
でもプライベートよりも今は経験を身に着けるために仕事を優先しないといけないという時だったありますよね。

また恋人がいれば何かと交際費がかかってしまいます。
趣味にお金をかけたいから、交際費はかけたくないという男性もいるでしょう。

時間も社会人になれば、自分のプライベートな時間を確保する事は大変になります。
自分一人の時間だって必要なので、彼女に拘束されるのは勘弁と思う人もいるでしょう。

そんな人にとっては、セフレは時間もお金もかからずに、欲求不満を解消する事が出来て、同時にストレスも発散出来るそんなありがたい存在なのです。

女性が恋人以外の人とセックスをするのであれば、風俗などで働けばかなり高級を稼ぐ事が可能です。

なのにセフレで無料でセックスをさせてくれるのですから、男性からしたらそれだけで十分にありがたい存在だと言えるでしょう。